立正大学校友会

Rissho University Alumni Association

トップメッセージ

絆、そして未来へ。校友会のもとでオール立正を。

学長メッセージ
理事長メッセージ
校友会名誉会長メッセージ
同窓会会長メッセージ
同窓会名誉会長メッセージ
橘会会長メッセージ
郵政会長メッセージ

学長メッセージ

立正大学長 立正大学校友会長 寺尾 英智
立正大学校友の皆様へ

 立正大学は、1872(明治5)年の「小教院」設立を起点として、2022年で開校150周年を迎えた歴史ある大学です。1580(天正8)年に日蓮宗の教育機関として開設された「飯高檀林」を源流に持ち、宗派の教義を研鑽する伝統的な僧侶養成機関としての役割を継承しながら、明治期には聖職者の養成という点で共通項もあるヨーロッパ発祥の学問体系を果敢に導入。近代的な学校制度の中で、幅広い教養教育と実学教育による人材教育を進め、9学部16学科7研究科を擁する総合大学へと発展してまいりました。

 近年は、開校150周年記念事業を推進する原動力として多くのご支援を賜りましたことを心より感謝いたします。とりわけ150周年記念事業募金に多大なるご協力を頂戴できたことで、品川キャンパスの新たなシンボルとなる150周年記念館も竣工に至りました。この場をお借りして、あらためて深く御礼申し上げます。

 そして、これからも立正大学の歴史は続いていきます。校友の皆様の熱い思いは、必ずや次の50年、100年へとつなげてまいります。例えば、立正大学には歴史があり、多様な知見の蓄積があるものの、直接実感できる場面が少ないとの声があるのも確かです。その点、150周年記念館に設けた「石橋湛山書斎(復元)」や「立正ミュージアム」は、立正大学の魅力を可視化する取り組みの一例であり、校友の心の拠りどころとして本学の価値を発信してまいります。

 と同時に、本学では品川・熊谷の2つのキャンパスを、ともに地域に開かれた拠点として発展させることに力を注いでいきます。地域連携事業も活発に進めており、学びの成果を社会に還元することでも、本学の価値を発信できると考えるからです。

 ただし、立正大学の価値は進化していくもの。教員の多様な専門性と、学生の多様な個性とを融合させるべく知恵を出し合いながら、日々更新されていくべきものです。身近な例を挙げれば、コロナ禍においても学びの機会を確保しようと、教職員と学生が協力した経験もそのひとつ。本学がブランドビジョンとして掲げる「『モラリスト×エキスパート』を育む。」のうち、モラリストに相応しい行動を肌で感じることができました。学生には、こうした経験を重ねながら、学内にとどまることなく、社会に貢献する人材として成長していってくれることを願っています。それを見守り、支える校友の皆様の存在も、立正大学の揺るぎない価値であり、皆様と一致団結しながら、学生の成長と大学としての成長に向けて努力していく所存です。

理事長メッセージ

立正大学学園理事長 立正大学校友会顧問 望月兼雄

立正大学の源を遡ると天正8年(1580年)に日蓮宗の学問研究機関として開設された「飯高壇林」が起源となります。このような歴史のある立正大学学園は、品川キャンパス・熊谷キャンパス、そして立正大学付属中学校・高等学校がある馬込キャンパスと充実した教育環境が整っています。

しかし今日の日本における教育環境は、学習を学ぶだけではなく、学習した知識を応用・実践する力が求められています。目まぐるしく変化をしていく現代社会に適応する人材やグローバルな社会を担っていく人材育成が必要であると思います。その為には本学園のさらなる学生の教育力、そして就職力また学園としての財務力や国際力を高めていかなければならないと思っています。

現在、少子化が進む中でも大学への進学率は増加しています。本学園においても、今までは良くも悪くも無色透明状態(明確な特色がない)が続いていましたが、今後は立正大学学園としての特色を鮮明にして、それぞれの分野において明確な機能を示していきたいと思っています。このような教育・研究の特色と共に必要なのは社会貢献であります。それは大学が保有している知財を地域や社会に還元してその発展に寄与することであり、これからも地域社会との連携を大事にしていきたいと思っています。

立正大学学園ではその寄附行為に、「真実を求め人類社会の和平の実現を念願する立正精神に基づく教育を行い、有能な人材を育成することを目的とする」と明記されています。この「立正精神」は立正大学の建学の精神に受け継がれ、第16代学長の石橋湛山先生は、「真実、正義、和平」と謳われています。この「立正精神」を礎として、平成34年(2022年)には立正大学学園150周年を迎えます。品川キャンパスでは立正ミュージアムなどの施設を備えた新校舎の工事が始まっています。熊谷キャンパスでは再整備と新学部の設置、中学・高校では教育環境の充実、またスポーツ振興としては全国レベルの駅伝への挑戦や、本学園の歴史と伝統を資料化する「立正大学正史」の編纂などを推進して参ります。

150周年記念事業は本学園の永続的な発展を目指している事業です。どうかその事をご理解いただき校友会会員の方々には、活動にご理解とご協力を賜り、益々のご健勝と一層のご活躍をご祈念申し上げてご挨拶とさせて頂きます。どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。

校友会名誉会長メッセージ

立正大学校友会名誉会長 立正大学名誉教授・第30代立正大学長 髙村弘毅
校友会の充実と発展のために

校友の皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

第30代学長就任中の重要課題のひとつとして、2009年4月に校友会を創設できました。

在校生の皆様や大学同窓会、短期大学部・保育専門学校同窓会、橘会、立正大学以外の大学や高校を卒業され、本学園に勤務された教職員の方々をはじめ関係諸団体や関係各位に格段のご尽力とご高配を賜り深謝申し上げます。

「真実」・「正義」・「和平」の建学の精神を現代社会に具現化した『「モラリスト×エキスパート」を育む。』の教育目標のもとに、さまざまな分野で社会に貢献する人材を育成し社会に輩出することが立正大学の使命であり、このことが校友会員、同窓生、関係団体のご活躍と社会貢献の発展と立正大学の社会的認知の維持向上に繋がるものと考える次第です。

新たな、そして着実な発展を

2010年6月に開催された「第2回校友の集いIN京都 祝立正大学同窓会創立50周年」では、大学同窓会との協働連携が展開されました。そこでは「オール立正でスクラムを」のもとに「絆、そして未来へ」の新しいキーワードが加わりました。

2009年の創設を契機に全国校友の集いや地域卒業生交流会の開催、課外活動や奨学金などの在校生支援事業を始め大学校友会活動の積極的な展開をしております。また、立正大学は2013年開校140周年にあたり山崎和海学長の指揮のもとで大崎キャンパスの整備、中学高等学校の大田区西馬込への移転、法学部の品川キャンパスへの移転などを大々的に進めており、着実な発展が推進されていることに深く感謝し御礼を申し上げます。

校友の皆様のますますのご健勝とご発展をお祈り申し上げ、関係団体各位のご発展とご賛助がともに立正大学との絆の強化と発展に資することをご祈念申し上げます。

同窓会会長メッセージ

立正大学同窓会会長 齊藤岐代未

立正大学同窓会長の齊藤岐代未でございます。校友会員の皆様におかれましては、様々な分野でご活躍のこととお慶び申し上げます。

さて、立正大学校友会は、学長が会長、在学生・保護者・卒業生・元現教職員を会員とし、また同窓会、郵政会、橘会を構成組織として、平成21年4月に創設されました。以来、各種活動を積極的に行いつつ、平成30年度には創設10周年を迎えることができました。これもひとえに関係者の皆様のご尽力の賜物です。

同窓会としては、校友会とともに大学が目指す充実・発展に寄与すぺく、豊富な人生経験や知識、人脈を活用して、可能な限りの協力と支援をしていきます。大学創立150周年事業にも大いに協力をさせていただきます。

ところで、急速な少子・高齢化、人口減少、AIの進化等々、モデルなき難しい時代の到来で、社会的に求められる考え方や能力は大きく変化してきています。加えて長期的には経済活動が先行き不透明になっており、人々が抱く不安は各種の社会現象として現れ、私たちにもマスコミを通じて多く届けられています。

このような状況のなかで大学は、時代の変化にしっかり対応し、日本社会を支え、より良い方向へ導いていく人材、熱意を持ち、論理的な思考や主体的な行動ができる人材を輩出させる責務があります。いわば、魅力ある高等教育の推進のために、能力ある多くの若者を引き付ける方策を講じる必要があります。

同窓会は、大学が行う若者を引き寄せ・社会に送り出す施策への支援として、『入ロ・出口作戦』を強力に推し進めていきます。この作戦について、卒業生がそれぞれの立場で現場力を継続して発揮していけるよう、同窓会は特別な組織を作りました。この組織の活動は、緒についたばかりでまだめぼしい成果は僅少ですが、魅力ある大学の確立への有力な方策として、今後充実させていくよう取り組んでいきます。

さらに、同窓会は、校友会・橘会・郵政会などとの連携のもとに、急激に変化する時代への確かな視点をもって、成長・発展を続ける大学を支援・協力をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

同窓会名誉会長メッセージ

立正大学同窓会名誉会長 野坂法雄

「今、我有るは」・・「今、我生かさるは」・・「今、我恩を報ずるは」立正大学なり

近年最大級、久しぶりに首都圏を襲った台風15号に被災された方々、最近日本列島各地に発生している災害に遇われた方々に心よりお見舞い申し上げます。尊い生命を失われた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

皆さまのお陰さまをもちまして同窓会長三年一期を六年二期に亘って、真に有意義な稔りある成果を揚げさせて頂きました。

まず私が揚げましたのは『任期を必ず守る』ということでした。私の就任した六年前の頃は、或る程度ご存知の方いらっしゃいましようが、とにかく辞めていただけない方々がいらして、大変困乱しておりました。特に困るのは、ご自分の為に続けたいという方々でこういう方々に限って「自分が継続しなければならない任務が、まだ残っている」等々その理由を巧みに主張されるのです。

私を支えてくれる同士の方達と『何としてもこの壁を突破しなければ』といろいろ想いをめぐらし、これまでも問題になっていた会則の再検討と改正に着手しました。

まずプロジェクトチームを立ち上げ、精鋭を揃えて取組みを始めました。何といっても任期厳守を如何に実行せしむるか、皆悶悶としている内に、フト気がついたのです。

諸々の案件は多方面に亘って関連しておりその一つ一つを改正していかなければならないという窓が開けました。それからの優秀なチームの働きは迅速でした。

本来、こういう時のご挨拶は、立正大学同窓会の将来に輝く施策を提示し、会員の皆さまに『夢』をご提供させて頂くのが常道でしょう。しかし私は立正大学(同窓会と共に)の貴い歴史の中に是非留めておきたい、恵まれたチームのメンバーを心から讃えて、その絆の存在を表明させて頂きました。未来永効立正大学に光輝あれ!ありがとうございました。

橘会会長メッセージ

立正大学橘会会長 若林壽学

校友会員の皆様におかれましては、益々ご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。

校友会は、大学・在学生・保護者・現元教職員・同窓会・郵政会・橘会がそれぞれの役割を通して志をひとつにして共に進んでいける素晴らしい組織だと思います。

その中で橘会は、学生が有意義な学生生活を送れるように大学と連携し保護者の立場から支援することです。新型コロナウイルス感染症対策のため学生の皆さんは大変な時期を過ごしていると思いますが、大学生活で培った強い精神力を持って邁進してください。

保護者の皆様には、橘会の活動に対しご理解とご協力をいただき、感謝申し上げます。

学生達の安定した生活の為、ご意見や学生の声を取り入れながら、より良い学生生活が送れるよう活動を進めていきたいと思います。

今後とも、皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

郵政会長メッセージ

立正大学郵政会長 市川幹

郵政会は昭和34年に大学と当時の郵政省との合意に基づいて開設され、本会の修了生は日本郵政グループ会社で活躍しています。平成20年に創立50周年記念式典を開催いたしました。

校友会発足までは、在校生支援を主に活動し、郵便局長の子弟の入学奨励を始めとし、郵政会入会式・終了式、郵政講座(郵便・貯金・保険の講座を大崎(現:品川)・熊谷キャンパスで開設)等の行事を行いました。また、全国郵便局長会通常総会・研究発表会・全国郵便局長会新春の集い等にも積極的に参加し、郵政部内に「立正大学郵政会」の名前が知られてきました。今後は、大学の方針に従って修了生を中心とした活動を行っていきます。

以前より各地方会から全国組織化の要望があり、学長室校友課のご支援のもと、平成25年4月1日より再出発する運びになりました。

新しい組織は10の地方会で構成し、選ばれた本部役員10名程度で活動の企画立案をいたします。審議・承認機関として地方代表者会を設置しますが、最終承認は総会といたします。本部役員にはさしあたり東京・関東在住の方にお願いしています。

なお、大学同窓会定期総会開催の6月頃に地方代表者会・総会を開催する予定ですので一人でも多くの修了生のご参加をお願いいたします。この機会に学生時代を想い、下宿先・品川キャンパスを訪ねては如何でしょうか。大学は修了生の来校を歓迎してくれると思います。

郵政会員の年代層は幅広くなり、退職された方・現職の管理者の方・後継者を考えている方・現職員の方・学生と会員全員の満足度を高め、大学に貢献できるような郵政会を目指したいと思っております。学生募集・育成・郵政グループ会社に就職という、循環型運営を行い、全国的組織の強化を図りたいと思っております。ご参加・ご協力・ご支援を宜しくお願い申し上げます。

PageTop