トップページ > 最新情報

最新情報


【同窓会】長野県支部総会開催報告

平成30年度立正大学長野県同窓会『信濃の国』長野県歌制定
50周年記念大会開催
南アルプス 秋の伊那路 飯田で記念大会開催


今年は南信地区(諏訪・飯田・伊那・駒ヶ根等)の担当のもとに10月27日(土)に、飯田市の飯田シルクホテルで開催しました。往復6時間から8時間もかけて遠方から多くの皆様のご参加をいただきました。

『信濃の国』長野県歌制定50周年記念公開講演会
母校から増田 弘石橋湛山研究センター長(法学博士)を講師にお招きし、立正大学第16代学長をつとめられた石橋湛山先生について「今、石橋湛山からわれわれは何を学ぶか?」と題して講演会を開催しました。
増田先生は『石橋湛山研究 「小日本主義者」の国際認識』(東洋経済新報社)で石橋湛山賞を受賞され、石橋湛山研究で我が国を代表する研究者の1人です。また、平和祈念展資料館(総務省委託、東京新宿)の名誉館長として満蒙開拓やシベリア抑留・日本への帰還などの諸問題に取り組まれています。増田先生の丁寧で説得力ある講演で石橋湛山先生の人・思想・行動・目指されていたものを研修しました。
講演の採録は長野県同窓会報第33号(2019年号)に掲載します。

定期総会
長野県歌『信濃の国』の大合唱を行い、30年度事業・収支中間報告、「長野県同窓会未来振興基金」創設、上原大希初代社会福祉学部会代表選任(平29社会福卒・準硬式野球部OB)、次年度度当初事業計画・当初収支予算、平成31年度総会開催地区(東信地区:上田市)など全会一致で承認。会旗伝達を行いました。

懇親会
硬式野球部東都Ⅰ部リーグ優勝を祝し、飯田の銘酒「喜久水」で乾杯。高野辰之博士(現中野市出身)作詞の「故郷」の合唱とスクラム万歳で、増田先生とともに楽しい時間を過ごしました。

満蒙開拓平和記念館見学・研修
増田先生のご指導のもとに見学と研修を行いました。満蒙開拓には日本全体で約27万人が参加され、そのうち長野県は全国で一番多い約3万7千人余の人々が参加されました。ソ連侵攻によりシベリアをはじめ多くの難民収容所に収容され、過酷な収容所生活を余儀なくされました。石橋湛山先生が提唱された「小日本主義」の立場から「満州開拓」との関連・戦前戦後の時代背景や当時の県内の行政・教育・経済事情、抑留された方々の日本への帰還問題などを研修しました。

長野県同窓会事務局長 加藤正年

公開講演会広報 PDF
長野県歌『信濃の国』 PDF
フォトレポート PDF