同窓生の旧交を深め、地域社会の発展に貢献し続ける  立正大学校友会

トップページ > 校友会について > 大学同窓会名誉会長メッセージ

校友会について

> 大学同窓会名誉会長メッセージ

絆、そして未来へ。校友会のもとでオール立正を。

立正大学同窓会名誉会長
二ノ宮啓吉

永年の懸案であった校友会について、同窓会や郵政会の今後のあり方や他私大の校友会の現況などについて検討がなされて参りました。

立正大学が他私大の後塵を追うかたちとはなりますが、本学の校友会構想が最良の選択であることに至り、同窓会理事会・代議員会での協議を得て平成21年4月1日より校友会構成団体として参加することとなりました。ご了解を頂きました全国の同窓各位のご理解とご協力に心より感謝と御礼申し上げます。

同窓会では、校友会の運営を協議する校友委員会に同窓会長が副会長として、本部理事2名が委員として参加します。

また、大学教職員や短期大学部・保育専門学校ご卒業生の方々や橘会の保護者の方々とも校友会員としてスクラムを組み、「オール立正」として参加できますことは、学園発展の礎として貢献できる意義が大であると存じます。

今後は、職業別やクラブなどの卒業生仲間を交え、立正を愛する仲間が一つとなって学園発展の為に役立つ「校友会」として前進してまいりましょう。