同窓生の旧交を深め、地域社会の発展に貢献し続ける  立正大学同窓会

トップページ > 立正大学同窓会概要

概要

1960(昭和35)年8月、立正大学に同窓会本部の事務局を開設し、これを機に、旧来より活動していた「旧学部系同窓会」と「旧専門部系橘会」とを統合し、同窓会機構の一本化を図りました。また、組織の確立と強化を目指し、日本全国の同窓会に向け、各都道府県同支部の結成を呼びかけ、1962(昭和37)年12月に立正大学同窓会連合が発足しました。1966(昭和41)年に理事会会則を明文化し、翌1967(昭和42)年に会則を制定し、現在の「立正大学同窓会」としてスタートしました。